どうも、ふじのん(@fujinon_fujinon)です。

今日は最近、日本でも盛んに議論になる起業・独立、企業勤めのサラリーマンが良くないという風潮に対してわたしの考えをまとめておきます。

焦って転職や独立はする必要はなく、今の企業でできること/得られる事は本当にないのかを考えるほうがいいと思います。




きっかけ

わたしは新卒で複合機メーカ大手に入社し、29歳でベンチャーに転職しました。そこから5年経ちようやく商品化し、事業をつくりあげる段階にきています。

しかし、一方で先が見えるというか、形にできる(あとはやるだけ)とわかってしまうと急に興味がなくなってしまうような節があります。

そのため転職や独立など考えて行動しているのですが、実際に行動してみて、転職を前提に起業・独立を考えなくてもいいのかな、と思いました。

そう思っている理由を今のうちにまとめておきたいと思います。

多分、わたしのように悩んでいる/迷っている人は多いのではないかと思いますので参考になればと思います。

なぜ転職や起業を考えるのか?

私はストレングスファインダーという34の資質分類でトップ5に未来志向や学習欲があり、どうしても吸収し続けたいし、難しくても未来に意味のある事をしたいと思っているタイプです。

そのためには、少し背伸びするくらい、もしくはそれ以上でないと成長できないのではないか?とか、できたとしても遅いのではないだろうかと考えてしまいます。

なので、ベンチャー企業や今までやったことのない業種や分野の転職エージェントになったりして、情報収集したりもします。

でも何かいつも違和感があって、そのときはいいのですがいざ冷静になると違うなと思っていました。



私が転職する必要がない3つの理由

まず転職に違和感がある理由からです。

1つ目は、おそらくエンジニアとしては、どこにいっても今とあまり変わらないと思ったからです。
転職してベンチャーにきたので、大企業から設立当初の開発部、0→1、マネージャーなど、運よく幅広く経験しているので、大きな変化や刺激は望めないのかなと思っています。


2つ目は職種を変えても得られるものは多くないことです。小さい企業にくると自分の職種以外にも営業やマーケが何をしているかおおよそわかり、それがどういった結果を生むのか、何が難しいかなどわかります。そうすると、自分に合っているのか、必要なのかがわかります。その結果、エンジニアとして、なにかを生み出していく方が自分がやりたいことで、必要になったらやればいいかなと。


3つ目は、1つ目2つ目から転職するならもっと大きく進退を振る方が良さそうと考えたのですが、業界も職種もかえてイチからとなると例えばプログラマーになったり、ITコンサルになるなどですが、費用対効果が悪いと思ってしまいます。それなら、今の会社にいて、自分で仕事をみつけて無料でも請け負って結果を出していくほうがいいのではないかと考えました。あと、何かを作りたいとか、必要だと思うものがないのも理由の1つですね。



企業勤めは本当に駄目なのか?

そう考えていくと、今の会社で余暇時間を作り、(勿論、成果は出し続けます。無駄を省くと言う事です。)その時間で、あたらしい事をはじめてトライ&エラーを繰り返すのがいいのではないかと思います。

中小企業やベンチャーは、制度が大企業に比べ、しっかりしていない(これはメリットデメリットがある) ので、その良さを最大限利用し、自由にやればいいと思います。

首になるわけでも、死ぬわけではないので。

なので、今転職を考えている人は本当に今の企業ではを見つめなおしてほしいと思います。



見つめなおす5つのポイント

1.今の仕事はやりたいことか?
2.今の仕事から得られるものはあるか?(スキル、専門性、特殊な経験)
3.今の仕事は他人に任せる/効率化できるか?
4.大企業にいるか?
5.中小企業/ベンチャーにいけるか?



ここで確認したいことは、
・将来、必要なものを得られるか?
・得られないとしたら、得られるまでの基盤になりうるか?
・基盤にならないと思ったら、再確認で企業規模は大きいか?
・大きくないなら、別の中小ベンチャーにいけるか?

このあたりは再度確認した方がいいですね。

正直、周りの目を気にしなかったら3.はできると思うので、4.、5.はあってないようなものなのかもしれません。

みんな3.が難しいと感じるようで、ここを乗り越えられると企業勤めは楽になります。

実は、そこを超えると日本においては、企業勤めこそ、最大の不労所得になりうるのです。
*ここでの不労所得とは働かず、サボって年収を得る意味ではなく、従来の仕事を効率化することです。そこの努力なしに得られるものではないので。


それでも起業・独立したい方へ

わたしは、企業勤めしている人はまずは、今の仕事を効率化し、任せるところは人に任せて
安定した収入した中で、行動して気づいたら違うことしている、という流れがいいと思います。

ただし、感覚的にはその割合は半々、もしくは4:6くらいにしないと難しいと思います。
まずは大きく振ってみることが大事です。
1ヶ月でも、一週間でもそれをメインにしてみるといいと思います。

将来的には、今の起業勤めがある意味副業の位置づけになるということです。

色々な経験すると無駄だと思うかもしれませんが、そういった経験をした人だけが気づく選択肢もあります。

その1つが下の記事になります。

あわせて読んでほしい記事

他にも、スキルアップと高単価案件ならフューチャリズム などでスキルアップと人脈をつくって準備することも大事だと思います。

ただ何度も言いますが、今の企業で最大限頑張る事がのちのちも良いと思います。