どうも、ふじのん(@fujinon_fujinon)です。

今日はAI時代のサラリーマンの生き残り方を考えてみたいと思います。



サラリーマンで将来不安で、何をしていいかわからない人へ

私は、29歳で複合機メーカ大手を退職し、素材ベンチャーに転職しました。

そのときは、多少不安もあったかもしれませんが、このまま大勢の中で埋もれてしまうことや、その企業でしか通用しないルールやスキルを身につけることに大きな焦りを感じる方が大きかったように思います。

また私の場合、オフィスの紙の需要減少から業界を抜け出さないといけないという側面もあったので
一般的な大手企業の方とは少し環境や判断基準が違うと思いますが、共通するものはあると思いますので参考になればと思います。



今後AIが進化すると何をして生きていきますか?

転職して4年ですが、当時よりも世の中はテクノロジーの進化と浸透によって変化しています。

当時は、電子ペーパレベルの話でしたが、今はAIの台頭で殆どの人の仕事が必要なくなる時代がくる可能性が出てきています。

そのとき、自分は今の仕事を続けられるのでしょうか?
どうなるかはわかりませんが、リスクヘッジは色々としておいた方がいいのは確実です。

ここでは、急に起業しろ、と言う話ではなく、
サラリーマンをいながら、まずはいろいろな選択肢があることを知り、
一つでも行動できればいいと思います。

あわせて読んでほしい記事

あわせて読んでほしい記事




時代の波があっても安定した収入源をつくる

やはり一つの収入源しかないことは大変大きなリスクです。
まずは今の収入並みに稼げそうなイメージがつくところに対して、アプローチすることです。

10年単位でコツコツやるつもりでいいと思います。
まずは行動する事が大事だと思います。

わたしは、ベンチャーに転職しましたが、例えばブログを始めるでもいいですし、
サロンに参加したり、資産運用・株をはじめるでもいいかと思います。
因みに私は全部やってます。

それと並行して、
今のサラリーマンの仕事を効率化することで時間をつくることが大事です。

わたしは「サラリーマンの不労所得化」と読んでいますが、
もともと効率的な人はあまり効果がありませんが、
今の年収をより短い労働時間で達成することです。

これはまた別の機会に詳細に書きます。


ITソフト以外でも起業独立は可能

ではコツコツやりたいことは将来的にはどうなっていくのでしょうか?

最終的には独立できるものがいいですよね、やはり。

因みに、独立を考えると、やはりITソフトがやりやすいです。
小資本、在庫なし、利益率高い、定期的な収入が得られる
この4点は魅力的です。

一方で、真似されやすいので、長続きしない傾向があります。

そこで、非ITソフトで考えると、サラリーマンの方が有利になってくる点があります。



私は材料で独立をトライ中

わたしは今、材料ベースで勤め先以外でコツコツと開発しています。
ある程度機能は出ているので、市場を探したり、量産を検討しようと思っています。

ただお金がかかるので、こうしてブログやサロンを通じて、
出資してくれる人や資金集めをしてます。

継続性を高めるためには、参入障壁を高める必要があります。
参入障壁は、競争優位性ともいえます。

これを高める事が他社や競合からのリスクを最小限にし、自社の事業を確実に成長させる重要なポイントになります。
上手い事業の種があり、芽を出し、育てても、大きな木にするためには、
時間がかかることが多いので、しっかりと事業を守る必要があります。

参考にしていい情報の一つにポータ氏が書いた本の内容を紹介します。
経済学者で有名なポータ氏は参入障壁は7つあるといっています。

1.規模の経済性
2.製品差別化
3.巨額の投資
4.仕入先を変えるコスト
5.流通チャネルの確保
6.規模とは無関係なコスト面での不利
7.政府の政策

私が材料でトライしているのは、
資金や在庫は必要なのですが、利益率が高く、定期収入が見込めるためです。

上記の障壁をみてわかる方もいると思いますが、
大手企業は当たり前にやっていることで、ここは実は大きなノウハウが蓄積されています。

そのため、サラリーマンの方は、当たり前のことをみにつければ、
あとは面白い種さえあれば独立は可能だと思います。

わたしは外にでてみてそれに気づきました。

あわせて読んでほしい記事

あわせて読んでほしい記事



リスク回避の手段

参考に以下の本を紹介しておきます。
読まなくてもいいです。







やらない人生よりやる人生を

最後に、私の経験上、行動して損した事はあまりない、というか覚えていません。

転職でも、独立でも、起業でもやってみるといいと思います。

わたしは、企業勤め+ブログ+起業ネタコツコツ+企業買収なんかをやったり、活動しています。

また進捗があれば、どれもブログに書いていこうと思います。